04/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./06

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

≪Ninja650≫ツーリングにいってきたよ(久々志賀草津編) 


2016.07.24
Sun
19:34

相変わらず前日まで行き先決めてない状態でしたが!


今は夏!(梅雨明けてないけど)
世間一般ではバイク気持ちいい季節と言われる季節!
気持ちよくないです暑くて死にそうです(真顔

だって考えてもみてください
気温30度以上の熱風に常にさらされてるんですよ?

気 持 ち い い は ず が な い ! !


ということで夏という季節を考慮して思ったこと。


「涼しいところに行きたい」


涼しいところ=高いところ
那須高原か美ヶ原か志賀草津か・・・

しかし栃木は先週行ったしなー
そういや志賀草津すごい行ってない気がするから行ってみよう!


・・・最近ツーリングの目的地はテキトーに決めてますw
朝4時半に出発です。
外は曇りで暗い(´・ω・`)

て、天気予報は0900時ごろから晴れるって行ってたから大丈夫だよね!!!





所沢ICから関越→上信越→横川SA


横川SAで休憩がてらガソリン補給です。

なお上信越は0600時、甘楽あたりからずーーーっと
50km/h規制とか久々だった~。
気温も20度切ってたみたいでめっちゃ寒かったorz

霧で全然見えない横川SA。


休憩してたらCBR600RRのMOVISTARカウルのやつが停まって内心興奮してましたが
シャイなので話しかけることはなかった模様(´・ω・`)コミュ障イエイッ!
あれって06年限定でしたっけ?超かっこよかった!





あまりに寒いのと霧がひどいので碓氷軽井沢ICで下ります。
ていうか普通に考えてもここで下りるんですがいったいどこまでいく気だったのか?

ところで時間的に0800前に草津に付きそうなのです。
志賀草津ってまだ時間規制かかってるんだっけ?
調べるの忘れたからかかってると想定します。
なので、碓氷軽井沢ICから途中まで下道、鬼押は使わず万座ハイウェイから有料道路を使います。

軽井沢の街中は霧かかってなかったのですが。
万座ハイウェイまでいくと・・・

安定の霧。


見晴台も霧。




万座ハイウェイが終わるまでほとんど霧でした・・・
途中から路面がドライになったのだけが救い(´;ω;`)サムイヨ




万座温泉あたりは霧がかかってなくてやったー!
と思ったけどやっぱり志賀草津道路も霧
景色?霧しか見えないよ!orz




しかも超寒い。
実は寒いの予想して着るものとカッパ用意してたのですが。
思いっきり忘れてきて寒さに震えたしゅのぅ氏。

軽井沢のコンビニでカッパを買って、
防風インナー→カッパ→ライジャケ(メッシュ)
として寒さをしのいでおりました(´;ω;`)無駄な出費・・・

寒さは耐えれてもこの霧!
とにかく見えない!怖い!



さらに言うとヘルメットのシールド、前回のツーリングから水で綺麗にしただけなので
水滴がめっちゃ付いて全然見えない。
走りながら数秒置きにフキフキします(´;ω;`)アカン


0800時に到着の国道最高地点もこんな感じー。



ところでこの国道最高地点碑なんでこんなズレてんですかね?
いつ見てもめちゃくちゃまっすぐに積みなおしたい気持ちで一杯になるんですが。

いやきっとなにかすごいなるほど的理由があるに違いないと思ってるのですが
見る度に非常にもやっとする。
まぁこの日はそれ以上に霧で景色がもやっとしてましたけどorz




国道最高地点を出発して渋峠ホテルへ。
バイクを停めてリフトで上へ向かいます。

きっと上は晴れてるはず、そう信じて!
(そんなわけはないのは分かってた)


上。




まぁ予想通りデスヨネ・・・
しかもこの日はなんか長野の野沢のほうの小学生が林間学校?だとかで一杯いたのです。
ぼーっとするのも気まずいし展望台も混んでてしんどいし霧でなんも見えないし・・・
ちょちょっとうろうろしてすぐ下りてしまいますw往復1000円近くするのになんともったいない・・・


くだりのリフトから見えた雲海が唯一の救いです。


え?雲海どこだって?
拡大!!!ほら!ちょっとだけ!





渋峠ホテルまでもどるとなんか晴れ間が見えてきました。
上は相変わらず雲の中だったのであのまま待ってても霧が晴れることはなかっただろう。うん。

渋峠ホテルの喫茶コーナーで朝ごはんを食べながらルートを考えます。

うーん・・・
長野のほうに下りてもなぁ・・・
戸隠いくにしても長野の街中抜けるのかったるいしー。

うーん・・・
草津戻って嬬恋パノラマラインか四万温泉側へ抜ける?
暑そうでやだな・・・

うーん・・・
長野側は晴れてるんだよな・・・
となると奥志賀スーパー林道で野沢温泉まで行こうかな!

と言う方針をだして0930時ごろ出発です。




渋峠ホテルを出発してちょっといったところの駐車エリアで
長野方面が(比較的)晴れてる証拠を撮ります(`・ω・´)ほら晴れてる!
青空見えるなら晴れてると言っても過言ではない!



奥志賀スーパー林道を快走します。
やっぱりこっちは晴れてるけど涼しくて快適快適ィ!

ん?奥志賀スーパー林道の写真?
ない。

奥志賀スーパー林道って道は綺麗だし交通量少ないしで
たまにくる対向車と追い付いた車に注意すれば超快適すぎて停まらないよ!
ところどころにある駐車スペースではいい眺めなんだけどね~。
ちら見だけして走ってしまいますw


そんなこんなで1時間くらい走りまして。

1000時ごろ到着、野沢温泉に下りる途中にある展望ポイント。


ここの眺めほんといいけどどうやら絶好のサンセットポイントらしいです。
だってこの眺め、絶対夕日綺麗だよね!
あと夜景も綺麗みたいです。




近くに巣鷹湖キャンプ場と北竜湖キャンプ場があるから、
そこに泊まりつつ夕日見に行きたいなぁ。
でも最近熊が出るって話なのが怖いけど(´・ω・`)




そのまま野沢温泉まで下りていく途中にあるスキー博物館。
ここの噴水がお気に入りなので休憩します。

天気もいいし噴水の水は冷たいし最高!!!




でもまぁここも小学生がいっぱいだったのでささっと出発しますw




とりあえず道の駅信州さかえまで行きます。
お昼ごはんを食べ、アイスを食べ。

おなか一杯になったとたん自覚する疲労と眠気。

もう無理だ・・・寝たい・・・

そう、しゅのぅ氏のツーリングは基本的に
『早朝から走り続けてだいたい1100時くらいに力尽きる』
のです。

道の駅でパンフとかを見ると、
なんとなく近くの「北野天満温泉」がビビッときたので向かいます。



==北野天満温泉==
大人一人500円。
そこそこ広い内湯1つと狭めの露天1つ。
塩味のある弱アルカリ性の温泉で加温循環。
タオルは別売り1枚250円?
ドライヤー有り無料休憩場あり食堂あり。
温泉は飲めない。


なかなかいい感じの温泉でしたが~
なんといっても空いてた!
温泉貸切だったよ!最高だった!

結局休憩所で1600時くらいまで寝てましたw




かなり元気になったので、帰宅はお金をけちって月夜野ICまで下道です。


国道17号のくねくね道走るよ!

三国峠のトンネル抜けたら濃霧

ま た か よ

下りは霧の中でした。路面ウェットだしこわいこわい・・・



のろのろトラックの大名行列に参加しながら月夜野ICまで行きまして。
1830時ごろ赤城高原SAで休憩がてらガソリン補給。

2000時ごろ三芳SAで最後の休憩をしつつ
空腹に耐えかねてつけ麺を食べてから2100時ごろ帰宅~。



560kmくらいでしたが
・渋峠までは霧との戦い
・道の駅信州さかえ付近はめっちゃ暑かった
・国道17号三国峠でも霧との戦い
とかなり疲れる内容でした・・・

奥志賀スーパー林道はいつも気持ちよく走れるので大好きです。
ありがとう奥志賀スーパー林道!!!



さてさて今度の週末は九州からみの人がくるので飲み会。
土曜日の午前中だけ秩父かな~?
バイクで走るのも楽しいけど飲み会も楽しい(`・ω・´)
週末雨降らないよね・・・?

category: Ninja650

thread: ツーリング

janre: 車・バイク

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« UCOのランタンキャンドル買っちゃった~!  | h o m e |  ≪Ninja650≫ツーリングにいってきたよ(霜降り霧降り霧降高原編) »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://myutis.blog58.fc2.com/tb.php/1897-233c48d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。